【 一言レビュー 】本格的に自宅脱毛するならケノン、お手軽感覚ならクリアベールミニ

クリアベールミニ
美ルル クリアベールミニ

> ポイント解説・評価 <

疑問・質問

ケノンより断然、値段の安いクリアベールミニにしようか考えてるんだけど?
値段が安い分やっぱり脱毛力とか落ちるのかな?
値段が安くてその分、機能が少なくても、そもそも自分に必要無い機能なら、そんな機能別に無くてもかまわないし、、、。
でも安いからと言って、使えない脱毛器だったら買って損するだけだからイヤだな。
実際にケノンとクリアベールミニを比べて『いいとこ』『悪いとこ』を知りたい。
それで納得できるなら値段の安いクリアベールミニの方がお得だもんね。

回答者

ケノンが本格派の全身脱毛にも使える家庭用フラッシュ脱毛器なのに対して、
クリアベールミニはコンパクトで部分的に生えてきたムダ毛を手軽に処理するのに向いている脱毛器と言えます。
どちらも同じフラッシュ式脱毛器ですが対照的な機種と言えますね。詳細は下記をご覧ください。

ケノン VS クリアベールミニ 総合比較

赤い線 ケノン
青い線 クリアベールミニ

ケノン vs クリアベールミニ 総合比較

 

ケノン VS クリアベールミニ比較レビュー

値段は断然クリアベールミニが安いです

値段は安いですが、当然、機能面や脱毛力ではクリアベールミニはケノンよりもかなり劣ります。

なので、

  • 本格的に全身脱毛するならケノン
  • 一部のムダ毛をパパッと手軽に処理したいというのであればクリアベールミニ

ということです。

自宅脱毛が初めての方にはケノンのようなハイスペックな機種をいきなり購入するのは予算的に抵抗がある方も多いと思います。

「とりあえずフラッシュ式脱毛器ってどんな感じなのか実際に使って試してみたい」そういう方にとってクリアベールミニはとても買いやすい価格設定にはなっています。

値段はケノンの半額以下ですから。

しかし安いと言っても3万円近くの出費になるわけですから、平均サラリーマンの1ヶ月分のお小遣い程度はするわけです。

果たしてその価値があるのか、、、?ケノンと比較しながら順に見てゆきましょう。

 

ケノンにあってクリアベールミニに無い機能や性能

値段では圧倒的にクリアベールミニの方が安いのですが、当然その分スペックは落ちます。

下記はケノンにあってクリアベールミニに無い機能や性能です。

■ 圧倒的にパワーが違う

カートリッジ(先端の光る部分)に取り付けられているランプ本数は ケノンが2本、クリアベールミニは1本です。

これだけ見ても照射パワーに2倍の差があるという事にです。

消費電力で比較するとケノンが220W、クリアベールミニが36W

なのでもう照射パワーは別次元と言えるでしょう。

■ 連射機能が無い

連射機能は一発照射のパワーを複数回に分けて高速で照射することにより、お肌へのダメージを抑えながら脱毛する機能です。

脱毛力は一発照射の方が高いのですが、お肌が弱い方には、この連射機能は有難い機能なのですね。

残念ながらクリアベールミニにはこの連射機能がありません。

h

■ 自動照射(オートショット)機能が無い

自動照射(オートショット)機能があれば脱毛器のハンドプローブ(先端の光る部分)をお肌に当てるだけでセンサーが自動的に感知して、ボタンを押さなくても自動的に次々と照射されます。

クリアベールミニにはこの自動照射(オートショット)機能が付いていないので、その都度ボタンを押して照射する必要があります。

単に照射する際のボタンを押す手間が省けるだけの機能ですが、脚や背中など何度もボタンを押す必要があるため、面倒に感じることもあります。

この自動照射(オートショット)機能があればソファーに座ってテレビを見ながらでも自動的に照射してくれるので確かに楽です。

脱毛処理をするのが面倒に感じる方なら重宝する機能と言えるでしょう。

■ 照射口がケノンの半分程度

クリアベールミリの照射口はケノンのおよそ半分位の大きさしかありません。

照射口が狭いと同じ部位の脱毛する場合でも、それだけ多くの回数照射する必要があります。

そのため照射回数も増えますし、カートリッジの消耗も速くなってしまうためコスパが悪くなります。

また照射光が狭いと重ね射ちや照射漏れが多くなりムラが出やすく、綺麗に仕上がらない場合があります。

■ 照射間隔(チャージ時間)が長い

フラッシュ式脱毛器は一度照射した後、次に照射するまでチャージする時間が数秒間かかります。

このチャージ時間がクリアベールミニの場合ケノンよりも長くなります。(ケノン:2秒〜、クリアベールミニ:4秒〜)

まぁ数秒の違いなのでそれほど気にならないかもしれませんが、全身脱毛をする場合など、何度もショットする必要があるため、一回当たりのチャージ時間が長いと、トータルの脱毛処理にかかる時間がどうしても長くなります。

よりスピィーディに脱毛したい方はやはりケノンの方がおすすめなのですね。

■ 5段階レベルしかない

ケノンの10段階レベルに比べてクリアベールミニはその半分の5段階レベルしかありません。

照射レベルが少ないと、『男性のヒゲのような剛毛から敏感肌の方まで』といった幅広い層の方に対応することが難しくなります。

しかしながら、そもそもクリアベールミニはランプが一本しか搭載されておらず、パワーがそれほど期待できないため、男性のヒゲのような剛毛への使用は向いていないと言えるでしょう。

なので5段階レベルでも充分かもしれませんね。

 

小型ながら35万発ものショット数が可能なクリアベールミニ。しかし、、、

クリアベールミニの場合、この価格帯で35万発のショット数は大したしたものです。

ケノンの場合、一個のカートリッジで可能なショット数は20万発〜100万発ですから 、一部のカートリッジについては ケノンをも凌ぐショット数が可能というわけです。

 

クリアベールミニのショット数だけを見ると一見、コスパは悪くないように見えます。

しかしながらクリアベールミニの照射口の面積はケノンの半分以下なので、単純に同じ面積の脱毛処理をする場合、クリアベールミニはケノンの2倍照射する必要があります

また照射パワーについても先に書きました通り、ランプの本数が2本(ケノン)と1本 (クリアベールミニ)の違いから、1ショットあたりの照射パワーは単純に2倍の差があると言えます。

なので単に照射可能回数(ショット数)が多いからといって、それだけでコスパが良いと言えるわけでは無いのです。

クリアベールミニはもともと照射可能回数は10万発だったものが、改良されて35万発にまで照射が可能になっています。

そういう面は高く評価できます。

しかし、ケノンと比較した場合やはりまだまだ見劣りします。

ちなみにケノンについては 2012年に 発売開始されてから 毎年のように何度もバージョンアップを繰り返しています。

次々と進化を続け、常に時代の最先端を行く脱毛器と言えます。

 

小型でコンパクトなハンディタイプのクリアベールミニなら、パパッとムダ毛の処理ができる

いくらケノンの方が脱毛力や性能が高いといっても、「そんなに高いスペックの脱毛器は必要無い」という方にとっては、ケノンのような高性能な脱毛器は単に割高なだけかもしれません。

例えば

「大半のムダ毛は脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛済み。それでもたまに多少残ったムダ毛を処理する必要があるため家庭用脱毛器が欲しい」

という方であれば、クリアベールミニのようなハンディタイプのコンパクトな脱毛器の方がよいかもしれません。

クリアベールミニなら、コンパクトなハンディタイプなのでケノンのように置き場所を取りません。

必要な時にパパッと使えて機動性に優れているのでその方が便利かもしれません。

家庭用脱毛器と一口で言っても様々です。

単に性能や脱毛力が高ければいい、というわけではないのですね。

要は『使う人のTPOに合っているかどうか?』ということです。

個人の感覚にもよると思いますが、クリアベールミニはコンパクトなだけでなくデザイン的にスリムでスタイリッシュです。

あなたのお部屋に置いてもそれほど目立たず邪魔にはならないのではないでしょうか?

自分の部屋が狭くてあまり大きなものを置きたくない、という方にはクリアベールミニのようなコンパクトなハンディタイプの脱毛器の方がいいかもしれませんね。

 

クリアベールミニにはニキビケアとアンチエイジングにも対応?

クリアベールミニには脱毛用以外にニキビケア用とアンチエイジング用の2種類のカートリッジが別売りであります。

要するに一般的に言うところの『美顔用カートリッジ』ということですが、『ニキビケア用』と『アンチエイジング用』に分けているところが他に無いユニークな点です。

ケノンにも美顔用カートリッジはありますが、このような分類はされていません。

ケノンを始め他のフラッシュ式脱毛器で美顔機能があるものは、主に『アンチエイジングに対する効果効能が期待できる』としています。

(関連記事)
美顔機能が付いていればダブルでお得!

さて、クリアベールミニのこれらのカートリッジの実際の効果・効能については管理人も検証していませんのでなんとも言えませんが、興味深いものではありますね。

今後何かわかることがあれば追記したいと思います。

 

まとめ

さていかがだったでしょう?

脱毛力や機能面では圧倒的にケノンの方が優れているのですが、だからと言って「ケノンの方がおすすめです。クリアベールミニはイマイチです」というような判断をするのはどうかと思います。

先にも少し書きましたが脱毛器にも様々な種類があり本来であれば、使う人のTPOに合わせて選択肢を変えるべきだと思います。

クリアベールミニのようなハンディタイプのコンパクトな脱毛器なら置き場所にも困らないでしょうし、ボタン一つで起動から照射まで全てできる手早さがあります。

ケノンのような据え置き型の脱毛器ではそうはいきません。

脱毛器は使う人のニーズによってそれぞれのメリット、デメリットの持つ意味も変わってくると言えるでしょう。

さて、最後にケノンのクリアベールミニについて、一言でまとめますと、

本格的に家庭用脱毛器を使って自宅脱毛に取り組みたいという方はケノン、

お手軽感覚で気になる部分のムダ毛をパパッと処理したいという方はクリアベールミニ

という感じかと思います。

 

ケノン vs クリアベールミニ比較表

ケノン vs クリアベールミニ比較表
比較項目
ケノン
ケノン
美ルル クリアベールミニ
クリアベールミニ
方式 フラッシュ式(IPL) フラッシュ式(IPL)
本体の値段 クリアベールミニより高い ケノンより安い
最大ショット数 20万〜100万発 35万発
パワー 220w 36w
ランプ本数 2本 1本
照射レベル 10段階 5段階
照射口の大きさ 7.0cm2
9.25cm2(別売り)
3.1cm2
照射間隔 クリアベールミニより速い
(2秒〜)
ケノンより遅い
(4秒〜)
手に持つ部分 120g 290g
自動モード あり なし
美顔モード あり あり
連射モード あり(3連射、6連射) なし
カートリッジの種類 4種類
(脱毛用3種+美顔用1種)
3種類
(脱毛用1種+美顔用2種)
その他、オプション類 まゆ毛専用脱毛器 なし
ポイント解説・評価

>> 詳細を見る

>> 詳細を見る

公式ページ
ケノン
ケノン

公式ページケノン

美ルル クリアベールミニ
クリアベールミニ

公式ページ
クリアベールミニ