【 一言レビュー 】一押しのケノンにするか?機能を落として値段を安く抑えたツーピーエスにするか?

ツーピーエス(2PS)
ツーピーエス(2PS)

> ポイント解説・評価 <

疑問・質問

ケノンが良いのはよくわかるんだけど、、、。
でも値段がちょっと高めだしなぁ。
値段の安いツーピーエスはケノンと比べどこがどう違うの?
それほど悪くないならツーピーエスでもいいんだけど。

回答者

どちらも本体据え置き型の本格派のフラッシュ式脱毛器です。
脱毛効果はどちらもかなり期待できますが、一部の機能面の違いがあります。
詳細については下記でご説明しますね。

ケノン VS ツーピーエス(2PS) 総合比較

赤い線 ケノン
青い線 ツーピーエス(2PS)

ケノン VS ツーピーエス(2PS) 総合比較

 

ケノン VS ツーピーエス(2PS)比較レビュー

どちらも本体据え置き型の本格派フラッシュ式脱毛器

どちらの脱毛器もカートリッジ(先端の光る部分)に装備されているランプ本数は2本なので脱毛力は充分期待できます。

安い脱毛器の中にはランプが1本のものも少なくありません。

外観をパッと見はだけでは、ランプの本数は1本も2本も見分けはつきません。

照射口の中を覗いて始めてランプが何本使われているかがわかります。

このランプ本数が家庭用脱毛器の脱毛力の大きなカギとなります。

ランプが2本のものは、1本のものと比べて単純に脱毛力は2倍あると言えます。

なので本格的に自宅で全身脱毛しようとお考えの方であれば、ランプ本数は必ず2本のものを選ぶ必要があります

また、フラッシュ式脱毛器にはこの2機種のような本体とハンドプローブ(手に持つ部分)が分離した本体据え置き型タイプのものと、本体と手に持つ部分が一体型のハンディタイプがありますが、本格的に自宅で脱毛するならばやはり本体据え置き型がおススメです。

なので、どちらの機種も『ランプ本数は2本』あり、『本体据え置き型』でもあるので、自宅で本格的に脱毛するには十分なスペックを備えた脱毛器であると言えます。

 

購入時の値段で選ぶならツーピーエスが安い。でもランニングコストで比較するとケノンがお得

購入時の値段で比較するとツーピーエスの方がケノンよりも安いです。

しかしランニングコストで比較するとケノンの方がお得になります。

理由は、ケノンの方がカートリッジの性能が優れていて長持ちするからです。

■ カートリッジ一個当たりの照射可能回数

  • ケノン・・・最大100万発(プレミアムカートリッジの場合)
  • ツーピーエス・・・13.2万発

 

ケノンのプレミアムカートリッジの場合、なんとカートリッジ1個で最大100万発もの照射が可能です。

ツーピーエスのおよそ7.5倍も長持ちします。

これだとそもそも、もうカートリッジの交換は必要ないかもですね。

ちなみにツーピーエスの交換用カートリッジは1個6,000円(+税)です。

ケノンは6,800円〜9,800円(カートリッジの種類によって値段は変わります)です。

カートリッジの値段に関しても、ケノンの方が若干高いのですが、照射可能回数が大きく違うため結局、長い目で見るとランニングコストはケノンは方がかなりお得と言えます。

 

先述しましたようにツーピーエスは一個のカートリッジで13.2万発。

ケノンはプレミアムカートリッジで100万発、通常のラージカートリッジでも20万発の照射が可能です。

基本的にフラッシュ式脱毛器は、短期間の使用では毛が完全に生えなくなる永久脱毛までは難しく、あくまで減毛や毛を細くする程度の効果までしか期待はできません。

使用を継続するうちにどんどんムダ毛の数は減り、お肌もきれいになってはゆくのですが、

一旦、ムダ毛が減り脱毛がかなり完了した場合であっても、半年や1年間など長期間の間、お手入れを放置すると、またムダ毛が生えてくる、という事は普通にあります。

これは毛周期や、脱毛する部位、また個人差もありますが、基本は継続使用が必要ということなのですね。

そう考えた場合、カートリッジの照射回数が多いケノンの方が、一個のカートリッジで長い間使用できるためコストパフォーマンスが良く、長い目で見ると『お得である』と言えるわけです。

家庭用脱毛器は継続利用が基本です。

なのでケノンのようなランニングコストの安い脱毛器の方が長い目で見ると結局お特となります。

 

照射時の痛みが少ないのはケノン

脱毛器は痛いと継続することが難しくなります。

と言うのは、誰しも痛いのは嫌ですよね。

いくらムダ毛のない綺麗なツルツルのお肌になりたいと願って家庭用脱毛器を買っても、

「脱毛器を使うと痛いしなぁ、痛いのはやっぱり嫌だな」と思うと、ついつい脱毛器を使う頻度も少なくなり、結果、せっかく購入した脱毛器が放置状態(汗)、無駄になってしまうということをよくあるのです

この脱毛器の痛みに着目しそれを最大限改善し、痛みを少なくした脱毛器がケノンとなります。

ケノンが他の脱毛器と比べて痛みが少ない理由は、ケノンの独自発光技術であるUSPL(Ultra Short Pulse Light)によるものです。

USPLはケノンの独自技術で、これにより極短時間照射が可能となっています。

発光時間が極短時間なので熱がお肌に伝わる前にムダ毛の毛根だけにダメージを与える事ができます。

■ ケノンとツーピーエスの発光時間

  • ケノンの発光時間:0.4ミリ秒
  • ツーピーエスの発光時間:8.5ミリ秒

 

ケノンはツーピーエスの21倍以上もの高速照射が可能なのです。

高速照射だとなぜ痛みが少ないかと言うと。

例えばライターの炎を一瞬だけお肌に当てても、お肌はほんわりと暖かさを感じるだけですが、お肌の表面の毛は焼け焦げているでしょう。

しかし100度の熱湯にお肌を浸した場合どうでしょう。

大火傷しますよね(汗)。

この違いなんです。

単に発光力をあげるだけなら技術的にはたやすいそうです。

しかしごく短時間だけ発光力を上げるには、高い技術力が必要とのこと。

実際に他のメーカーから発売されている脱毛器で、ケノン以上にの短時間照射ができる脱毛器はありません。

この高速照射技術を実現したのがケノンのUSPL技術なのです。

ケノンのUSPL技術を使った照射速度はたった『0.4ミリ秒』。

なので痛みは小さいのに高い脱毛効果が期待できるのです。

USPLについてさらに詳しく知りたい方はこちら >>

 

ツーピーエスは機能を抑えて値段を安くしている?

機能面で比較するとケノンの方が豊富な機能が付いており優れていると言えます。

一個のカートリッジで照射できるショット数、カートリッジの照射面積の広さ、照射レベルの大きさ、照射間隔の速さ、カートリッジの種類、連射機能、、、。

これらの機能面ではケノンの方が確かに優れていると言えます。

ただそうは言っても、ツーピーエスにも『自動モード(オートショット機能)』(照射ボタンを押さなくても、お肌の上を滑らせるだけで次々と照射される機能)や『美顔モード』(お肌のハリやキメを整え、シミ、くすみ、乾燥肌などにも効果が期待できる機能)は付いています。(もちろんこれらの機能はケノンにも付いています。)

ツーピーエスは機能を抑えて値段を安くしているとは言っても、この辺りの機能はしっかりと付いているのでなかなか捨てたもんではありません。

またツーピーエスの方がハンドプローブ(手に持つ部分)が若干ですが軽い(ケノン:120g、ツーピーエス:105g)ので、その分、取り回しが多少楽かもしれません。

またツーピーエスのハンドプローブは『縦(たて)型』、ケノンのそれは『横型』です。

例えばVラインなど脱毛する部位によっては『縦(たて)型』の方が使いやすい場合もあるかもしれませんね。

 

まとめ

さていかがでしたでしょう?

ケノンとツーピーエスを比較した場合、当サイトで一押しなのはケノンなのですが、予算面でどうしても手が出ないという方であればツーピーエスでも『十分あり』です。

下の表をご覧いただくとわかりますが、値段が安い分どうしても機能面でツーピーエスはケノンよりも劣りますが、それであってもツーピーエスであれば自宅でしっかりと全身脱毛したい方の期待に十分お応えできる機種であると言えます。

カートリッジのランプ本数は『2本』なので、ランプ本数が1本の安物のハンディタイプの脱毛器と比べて単純に2倍の脱毛力があると言えます。

ケノンと同様に『自動モード(オートショット機能)』や『美顔モード』も付いています。

パワーもそこそこあり捨てたもんでは無いと思うのですね。

ですので予算があるならケノンがおすすめですが『どうしても安く抑(おさ)えたい』と言うのであれば、機能面で若干ケノンより劣ることに目をつぶれるのであればツーピーエスでも全く問題は無いでしょう。

 

ケノン vs ツーピーエス(2PS)比較表

ケノン vs ツーピーエス(2PS)比較表
比較項目
ケノン
ケノン
ツーピーエス(2PS)
ツーピーエス
方式 フラッシュ式(IPL) フラッシュ式(IPL)
本体の値段 ツーピーエスより高い ケノンより安い
最大ショット数 20万〜100万発 13.2万発
パワー 220w 200w
発光時間 0.4ミリ秒 8.5ミリ秒
照射時の痛み(※) ツーピーエスより若干まし ケノンより若干痛い
照射レベル 10段階 8段階
照射口の大きさ 7.0cm2
9.25cm2(別売り)
6.51cm2
照射間隔 ツーピーエスより速い
(2秒〜)
ケノンより遅い
(3秒〜)
手に持つ部分 120g 105g
自動モード あり あり
美顔モード あり あり
連射モード あり(3連射、6連射) なし
カートリッジの種類 4種類
(脱毛用3種+美顔用1種)
2種類
(脱毛用1種+美顔用1種)
その他、オプション類 まゆ毛専用脱毛器 なし
ポイント解説・評価

>> 詳細を見る

>> 詳細を見る

公式ページ
ケノン
ケノン

公式ページケノン

ツーピーエス(2PS)
ツーピーエス

公式ページツーピーエス(2PS)

※ 個人の感想によるものです