【 一言レビュー 】フラッシュ式かレーザー式か。その代表格の2機種を比較

疑問・質問

フラッシュ式で1番オススメなのがケノン、レーザー式ならトリアって事だけど、
フラッシュ式とレーザー式のそれぞれのメリット、デメリットを知りたい。
フラッシュ式とレーザー式、ぶっちゃけどっちの方式がいいの?
脱毛効果が高いのはどちら?
値段やコスパでお得なのはどちら?
実際の利用者の口コミが良いのはどちら?

回答者

レーザー式を選ぶか、フラッシュ式かは誰もが一度は考える選択肢の一つですね。
当サイトでは現時点ではレーザー式よりもフラッシュ式の脱毛器をおすすめしています。その理由については下記をご覧ください。

ケノン VS トリア4X 総合比較

赤い線 ケノン
青い線 トリア4X

ケノン VS トリア4X 総合比較

 

ケノン VS トリア4X 比較レビュー

フラッシュ式ならケノン、レーザー式ならトリア4X

まずこの二つの脱毛器は脱毛方式が違います。

  • ケノン → フラッシュ式の脱毛器
  • トリア4X → レーザー式の脱毛器

となります。

フラッシュ式とレーザー式の脱毛器の違いは簡単に言うと、フラッシュ式はフラッシュ光を使った脱毛方法、レーザー式はレーザー光線を使った脱毛方法

と言うことです。

とは言っても、どちらの方式の脱毛器もその脱毛原理は同じで『黒い色に吸収される光を発して、毛根にダメージを与え、ムダ毛を生えにくくする』ものです。

なのでこれらの方式はカミソリや除毛剤を使った、単なるお肌の表面に見えている毛を一時的に処理するだけの、いわゆる『除毛』とは違い、

毛根にダメージを与えて毛根そのものからムダ毛を生えにくくする、いわゆる『減毛』や『脱毛』が可能な方式となります。

家庭用脱毛器のこの二つの方式の代表格と言えるのがフラッシュ式なら『ケノン』レーザー式なら『トリア4X』となります。

先に書きましたとおりどちらも『減毛』や『脱毛』が可能なタイプの脱毛器ですが、当サイトではトリア4Xのようなレーザー式の脱毛器よりも、ケノンのようなフラッシュ式の脱毛器をおすすめしています。

フラッシュ式脱毛器がおすすめの理由はこちら >>

ですが、レーザー式が全くダメという訳でもありません。

レーザー式の脱毛器にもメリットはあります。

それでは下記でこの二つの脱毛器を比較してゆきましょう。

 

脱毛力ならばトリア4Xの方が優れている?

一般的にレーザー式の脱毛器は、医師の免許を持ったお医者さんでなければ施術することができないと法律で決められています。

しかもレーザーを使った脱毛はクリニックなどの医療設備のある場所でしか使用できないことにもなっています。

それに対してフラッシュ式脱毛器を使った施術にはそれらの制限がありません。

なので多くの脱毛サロンやエステなどでは医師の免許を持たないエステシャン達が施術をしていることをあなたもご存知だと思います。

このように書くとあなたは「レーザー式の方が本格的で脱毛力がありそう」と思うかもしれませんね。

確かに一般的には脱毛力はフラッシュ式よりもレーザー式の方が優れていると言われているのは間違いありません。

ただしこれはあくまで単位面積当たりの脱毛力なのです。

簡単に言うと、トリアは照射面積はかなり小さく(直径1㎝の円)、その小さなポイントに照射して脱毛するタイプなのです。

当然、この小さな照射口で脚や背中などの広い範囲を脱毛しようと思うと、何百発も射つ必要があり相当な手間と時間がかかります。

『休日にまとめて全身脱毛』なんてとてもじゃないけど無理だと思います。

理由は『照射口が狭い』ことだけで無く、後でも書きますが『バッテリーの駆動時間の短さ』や『本体の重さ』もあります(汗)。

それに対してケノンのようなフラッシュ式の脱毛器であれば照射口の面積が広いため一発で広範囲の脱毛が可能です。

また、コンセント式であるため、トリア4Xのように施術の途中でバッテリーが切れて使えなくなることもありません。

さらにケノンのような本体据え置き型の脱毛器であれば、持ち手の部分(ハンドプローブ)も軽いため、続けて使ってもそれほど腕の疲れも感じないでしょう。

そして脱毛力に関して言えば、

確かにトリア4Xのようなレーザー式脱毛器は、『単位面積あたりの脱毛力は高い』と言えます。しかし『痛みが強く、広範囲の脱毛処理にはかなり時間がかかる。その上腕も疲れる』と言うのが本音のところなのです。

ちなみにトリア4Xはレーザー式ですが一般家庭で使っても安全なレベルにまで『パワーを落として』いるからこそ家庭用として販売することが許されているのです。

なのでレーザー式だからと言っても、クリニックに使われているようなレーザー脱毛器と同等の脱毛力があるわけではありません。

そう考えると、一般的に言われているように「トリア4Xのようなレーザー式の脱毛器の方が、ケノンのようなフラッシュ式の脱毛器よりも脱毛力がある」とは必ずしも言えないと思うのですね。

 

痛みが強いのはトリア4X

どれだけ脱毛力があっても痛くて続かなければ意味がありません。

先にも書きました通り、トリア4Xのようなレーザー式脱毛器の場合、フラッシュ式よりも狭い部分に集中してピンポイントでお肌にレーザー光を当てて脱毛する方式となります。

狭い範囲にピンポイントでレーザーを当てるわけですから当然、その部分に針で刺したような鋭い痛みがあります。

トリア4Xの購入者の口コミを読むと、多くの方がこの痛みについてクレームというか恐怖を抱いている事がわかります。

痛すぎて結局『続ける事が出来なかった』と言う方もたくさんおられるようです。

それに対してケノンの場合、全く痛みが無いと言う訳ではありませんが、レーザー式のトリア4Xと比べた場合、断然痛みはましです。

特にケノンの場合、他のフラッシュ式脱毛器と違ってUSPL(ultra short puls light)という独自の発光技術が使われており『極短時間照射』が可能となっています。

お肌にフラッシュ光が当たっている時間が極短時間なので、脱毛力を落とす事なく痛みがかなり軽減されるのです。

USPL(ultra short puls light)について詳細はこちら >>

「せっかく購入したのに痛くて使用するのをやめた」と言うのは本当にもったいない事だと思います。

脱毛器は安い買い物ではありません。

脱毛は一夜にしてならず、継続してこそ効果を実感できるようになるものです。

本当にその痛みに耐えて継続する事ができるかどうか、よく考えてから購入する脱毛器を選びましょう。

 

カートリッジ交換式のケノン、カートリッジ交換不要のトリア、お得なのはどちら?

ケノンはカートリッジ交換式の脱毛器となります。

所定の回数照射し終わるとカートリッジを新しいものと交換する必要があります。

ケノンのようなフラッシュ式の脱毛器は、何度も照射するうちにランプが劣化してゆき所定の脱毛力を維持出来なくなるのです。

それに対してトリアはレーザー式脱毛器なので何度照射してもレーザー光が劣化する事はありません。

レーザー式のトリアならばフラッシュ式のケノンように先端の光る部分を交換する必要は無いのです。

こう書くとトリアの方がお得に思うかもしれませんね。

しかし残念ながらトリアは充電式のため所定の回数(約500回)を充電するとバッテリーが劣化してしまい交換が必要となります。

バッテリーだけ交換できればまだいいのですが、そうでは無く本体ごと買い換える必要があります(汗)。(当初、一回目は定価の半額で購入できるそうです。ただし保証期間は1年間だけ、また二回目の購入は定価での購入となります)

ケノンのようなカートリッジ交換式の脱毛器であれば、カートリッジさえ交換すれば、本体が故障しない限りいつまでも新品の脱毛力を維持したまま使用できます。

なので結局のところ長期的に見てお得なのはカートリッジ交換式のフラッシュ式脱毛器『ケノン』と言うことになります。

 

充電式のトリアかコンセント式のケノンか、使い勝手が良いのはどちら?

実際にこの二つの脱毛器を使って脱毛をする際、手に持つ部分が軽いのはケノンです。

■ 手に持つ部分の重さ

  • ケノン・・・120g(本体据え置き型で手に持つ部分はハンドプローブのみなので軽い)
  • トリア・・・584g(本体と照射口一体型なので本体ごと持つ必要があり重い)

トリアはケノンのおよそ5倍もの重さがあります。

例えれば、

  • ケノンはスマホより軽い
  • トリアは500ミリリットルペットボトルより重い

です(汗)。

ケノンは本体据え置き型なので、手に持つ部分はハンドプローブ(先端の光る部分)のみなので軽いのです。

対してトリア4Xは本体一体型なので本体ごと持って脱毛する必要があり、充電式であるため本体にバッテリーを搭載しており、その分どうしても重くなるのです。

当然ですが自宅脱毛はサロンやクリニックと違って全て自分でやらなければいけません。

なので脱毛器の手に持つ部分が重いと、結構しんどいと思います。

ただ皮肉な事にトリアは、連続してして使用できるのが30分程度です。

フル充電していても30分使用するとバッテリーが切れて再充電が必要となります。

なので、重くても30分程度なら我慢できると言う方なら『あり』かもしれません。

またトリアはフル充電するのに2時間程度もかかります。それと残念なことに充電しながらの使用はできません

なので一旦バッテリーが切れると『2時間充電待ち』となります。

これだと休日など時間のあるときに、まとめて全身脱毛をするなどとても無理でしょう。

しかし、トリアのように充電式であればコンセントや電源コードに縛られない自由さはあります。

充電さえしておけば場所を選ばずどこでもスグに使用できるメリットはあります。

「コンセントに差したり、電源コードを引っ張り回すのがイヤ、面倒くさい」と言う方ならばトリアのような充電式の脱毛器ならばその必要が無いのでおすすめかもしれません。

ただ先にも書きましたように連続して使用できる時間がたった30分間なので、、、汗。

これらを踏まえて考えるとわかりますが、

確かに充電式で便利な部分もあると言えますが 、そのために犠牲になる部分も大きいのが実際のところと言えます。

 

まとめ

さていかがでしたでしょう?

上記をご覧いただくと納得いただけると思いますが、当サイトではフラッシュ式のケノンがおすすめです。

しかしどうしてもレーザー式脱毛器を使いたいと言うのであれば、トリアならば十分あなたの期待に応えられる脱毛器であると言えます。

その理由は、

  • 購入者の口コミを見ると脱毛効果についての満足度は高い。(ただしかなり『痛い』という口コミも多いので注意が必要です)
  • アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関)の認定を受けている唯一のレーザー脱毛器でもあり信頼性は十分ある。
  • レーザー技術を使った美容機器メーカーとしての実績は十分ある。
  • 日本だけで無く利用者は世界中にいる。海外での評価も高い。

 

ただ先にも記載しています通り、フラッシュ式のケノンと比較するとどうしても『見劣りする部分がある』というのが管理人の見解です。

それとトリアはあくまで海外の製品(メーカーはアメリカ、製造はタイ)なので、海外の主に白人の肌に合わせた設計・製造がなされている可能性は高いでしょう。

それに対してケノンは日本製です。

当然、日本人のお肌に合うように設計・製造されています。

日本におけるトリアの利用者の多くが、トリアのレーザーが『痛い』と感じるのは、そもそもトリアは欧米系のお肌の白い白人向けにつくられた製品である事が原因かもしれません。

日本人のお肌に合わせて作られた脱毛器と、欧米人のお肌に合わせて作られた脱毛器。

もしかあなたが日本人ならば、どちらがおすすめであるかは言うまでもありません。

 

ケノン vs トリア4X 比較表

ケノン vs トリア4X 比較表
比較項目
ケノン
ケノン
トリア(tria)
トリア4X
方式 フラッシュ式(IPL) レーザー式
本体の値段 トリア4Xより高い ケノンより安い
電源方式 コンセント式 充電式
最大ショット数 20万〜100万発
(カートリッジのみ交換)
約500回の充電
(本体買換えが必要)
照射時の痛み トリア4Xよりまし ケノンより痛い
照射レベル 10段階 5段階
照射口の大きさ 7.0cm2
9.25cm2(別売り)
直径1cmの円
照射間隔 トリア4Xより遅い
(2秒〜)
ケノンより速い
(0.6~1.5秒)
手に持つ部分 120g 584g
自動モード あり あり
美顔モード あり なし
連射モード あり(3連射、6連射) なし
カートリッジの種類 4種類
(脱毛用3種+美顔用1種)
1種類
(脱毛のみ)
その他、オプション類 まゆ毛専用脱毛器 なし
ポイント解説・評価

>> 詳細を見る

>> 詳細を見る

公式ページ
ケノン
ケノン

公式ページケノン

トリア(tria)
トリア4X

公式ページ
トリア4X