なぜ冷やしながら脱毛処理するの?
照射時の痛みを軽減するためです。

また、冷やす事により肌荒れや火傷を防止する効果もあります。

しかしながら、冷やし過ぎると脱毛効果が落ちるデメリットもあります。

なので、しっかり冷やして痛みをなくしつつ、なるべく高出力で照射するのがコツです。

冷やし方は保冷剤(クーリングパック)を使って冷やすのが一般的ですが、コールドスプレーを使って冷やす方もおられるようです。

またサロンなどではクーリングジェルを使って冷やす場合もありますが、

家庭用のフラッシュ式脱毛器の場合、お肌が濡れていると脱毛の効果・効率が落ちること、また脱毛器が故障する可能性もあるためあまりオススメではありません。