フラッシュ式の家庭用脱毛器は男性も利用できますか?ヒゲ脱毛は可能ですか?
男性女性問わず利用可能です。

例えばフラッシュ光脱毛器ケノンの場合だと、利用者全体の40%以上は男性だそうです。

今や男性でも家庭用脱毛器を使ってムダ毛の処理をすることは普通と言えます。

ツルツルにはしたくないけど、モジャモジャをなんとかしたい」と言う男性の方は多いと思います。

男性が脱毛するというと、一昔前までは異質な目で見られていた感じがありましたが、最近では美容男子と言う言葉があるように、男性が脱毛やスキンケアに気を使う事はそれほど珍しいことでは無くなったように思います。

 

これは男性のムダ毛に不快感を覚えている女性の割合が多いことが影響しているのかもしれません。

ある女性誌のアンケートでは女性の70%が男性のムダ毛に不快感を覚えているという結果が書かれていました。

 

欧米ではすでに下半身のむだげを処理する事は男性のエチケットとして常識のようになっているそうです。

なので日本でも今後、欧米並みに男性がムダ毛ケアをするようになるかもしれませんね。

 

男性のムダ毛ケアは減毛がベスト

そうは言っても、カミソリや除毛剤を使って処理をすると、肌がツルツルになってしまい、逆に不自然な感じになってしまうという問題点があります。

毛をすいたり、脱色する方法もありますが手間がかかるわりに見た目はイマイチです。

また、毛抜きで抜いてムダ毛の毛量を減らすにしても非常に手間かかる上、デリケートな部分だとかなり痛みも伴います。

何よりこれらの脱毛方法だと、処理した後から直ぐに毛は生えてくるので、何度も繰り返し処理する必要があります。

 

なので管理人が思うに、男性が脱毛するベストな方法は『減毛(ムダ毛の毛量を減らす)』だと思います。

ツルツルではなくてある程度自然な感じでムダ毛を残した『減毛』程度に抑えておくのがベストではないでしょうか?

男性の場合やはりツルツルだと逆に不自然ですからね。

 

男性が『減毛(ムダ毛の毛量を減らす)』する方法

さて、一昔前まではムダ毛処理をするとなると、女性向けの美容クリニックぐらいしかありませんでした。

しかし正直なところ、男性がそれらの美容クリニックに通うのは、金銭的な面だけでなく精神的にもかなりハードルが高いものだったと言えるでしょう。

しかし、今では男性専用の脱毛サロンやクリニックもたくさんありますし、さらに家庭用脱毛器での処理も可能です。

 

管理人のオススメはもちろん家庭用脱毛器です。

近年、家庭用脱毛器の進化は目覚ましく、自宅でサロン並みの脱毛クオリティが実現可能です。

また家庭用脱毛器であれば『誰にもバレる事なく』『いつでも自分の好きな時に』脱毛処理をする事ができます。

女性だけでなく男性にとってもムダ毛は多少のコンプレックスがあるものです。

なのでできれば自宅で誰にも気付かれずにこっそり処理したいものですよね。

 

家庭用脱毛器を使って減毛するコツ

通常、家庭用脱毛器は2週間に1度の使用が推奨されています。

そして継続して使用することにより、徐々に毛が細く少なくなって行きます。

ツルツルを望む女性の方であれば、さらに継続して使用することによりやがてムダ毛の無いツルツルのお肌になって行きます。

しかし男性の方で「減毛で抑えておきたい、ツルツルにはしたく無い」という方は頃合いを見計らって脱毛器の使用を中断すればOKです。

ツルツルにすることを思えば、『減毛』であれば断然簡単に短期間で処理が完了します。

 

男性のヒゲ脱毛にも家庭用脱毛器は最適。

  • 毎日のヒゲ剃りにうんざりしている。
  • 朝、剃っても夕方にはジョリジョリしている。
  • 剃った後が青くなって嫌だ。
  • シェーバーでのヒゲ剃りには刃物が肌に直接触れるため、皮膚を削り、肌荒れや炎症のトラブルになる。
  • しかも、剃っても剃ってもまた生えてくるので、一生剃り続けなければいけない。

このような理由から自分のヒゲをなんとかしたいという男性の方も多いでしょう。

もちろん家庭用脱毛器でも対応は可能ですが、男性のヒゲについては毛根が深く太いためそう簡単には脱毛できません。

なのでヒゲ専用のカートリッジが使える脱毛器がオススメです。

男性のヒゲ専用カートリッジが付いている脱毛器はこちら >>

 

家庭用脱毛器を使った男性のヒゲ脱毛のコツ

照射頻度は他の部位と同じ2週間に1回が目安です。

ヒゲの濃さ、太さ、生えるスピードによって個人差があるので、様子を見ながら自分に合ったペースで行いましょう。

ヒゲの場合、他の体毛と比べて太くて濃いので、メラニンに反応するフラッシュ式脱毛器では、他の細い体毛よりも照射した際の光の吸収率は良いそうです。

なので定期的に続ければ、だんだん生える周期が長くなり、毎朝のひげ剃りが楽になることを実感できるでしょう。

 

ケノンのような脱毛器であれば連射機能が付いていますが、太く濃いヒゲについては連射より一発照射がおすすめです。

また照射レベルはなるべく高めの設定にするのがコツです。

しかしながら当然、照射時の痛みも増しますので、照射前後のクーリングはしっかり行ってください

 

ヒゲ脱毛三つの心得

  1. 照射前後のクーリングをしっかり行う。
  2. 太くて濃いヒゲには高いレベルでの照射が効果的ですが、当然、肌には強い刺激となります。なので刺激を和らげるため照射前後は保冷剤でしっかり冷やしておきましょう。

  3. ヒゲ脱毛には1ショットが効果的。
  4. 連射機能がある脱毛器でも、連続ショットより強力な1ショットで当てるのが効果的です。

  5. 毛が薄い場合は1から2ミリ伸ばした状態で当てる。
  6. ヒゲが細くて薄い方は、1〜2ミリほど伸ばした状態で光を当てると効果的です。