フラッシュ式脱毛器とレーザー式脱毛器の違いは何?どちらも光を当てて脱毛する方法なのに何が違うの?使い方は違うの?
フラッシュ式もレーザー式も基本的な脱毛原理は同じです。

どちらも照射した光が毛根や周辺組織の黒い色(メラニン色素)に吸収され、それが熱に変換され毛根にダメージを与えて発毛力を弱めます。

使い方についてもほとんど同じです。

剃る→冷やす→照射するの簡単3StepでOKです。詳細はこちら >>

ただし下記の点については違いがあります。

照射される光の種類の違い

フラッシュ式脱毛器はキセノンランプを使ったフラッシュ光、レーザー式脱毛器はダイオードレーザーを使ったレーザー光が使われています。

フラッシュ光はレーザーよりも波長が低く、痛みが少なく、広い範囲に照射できます。

対してレーザー光はその逆です。

フラッシュ光よりも波長が高く、痛みが強く、狭い範囲に集中して照射します。

 

脱毛力の違い

レーザー式脱毛器は光を絞ってピンポイントで高い出力のレーザー光線を照射するため、脱毛力は高いと言われています。

しかしながら痛みが強く、針で刺したような強い痛みがあるのが特徴です。

フラッシュ式脱毛器はレーザーよりも脱毛力は劣ると言われていますが、広い範囲を一度に照射することができるので、ムダ毛処理にかかるショット数も少なく短時間で広範囲のムダ毛の処理ができます。

フラッシュ式は単位面積あたりではレーザーよりも脱毛力は劣るかもしれませんが、痛みは少なく、広範囲を一気に処理できるので現在、家庭用脱毛器の主流となっています。

 

使われている用途の違い

フラッシュ光を使った脱毛は、厚生労働省が定めるレベル以下であれば医療行為にならず、エステや家庭用脱毛器を中心に普及しています。

対してレーザー光を使った脱毛は、出力が高く主に脱毛クリニックで使われており、フラッシュ式よりも高い出力での施術が可能ですが、医療設備があり医師免許を持ったもので無ければ施術する事ができません。

当然、強めのレーザー光であれば痛みも伴いますが、医療施設なので麻酔を使うこともできますし、万が一の時にはすぐに治療が可能ということもあり安心感はあるでしょう。

レーザーを使った脱毛は医療行為に当たるため、基本的にはエステサロンでは施術してはいけないことになっていますが、実際には大幅に出力を弱めてレーザー脱毛行っているエステもあります。

トリアのような家庭用のレーザー脱毛器は、業務用のものよりかなり出力を落として家庭でも安全に使えるようになっているわけですから、必ずしもレーザー脱毛は医療系のクリニックでなければいけない、というわけではありません。

 

その他、フラッシュ式とレーザー式の脱毛器の違い。

フラッシュ式の光には『美白&毛穴引き締め作用』も期待できます。

これはエステサロンでも使われているフォトフェイシャルと同じ原理で、キセノンランプによるフラッシュ光でお肌のキメを整えたり、毛穴を引き締めたりする効果が期待できるそうです。

フラッシュ式の場合、思わぬ副産物があるということですね。

残念ながらレーザー式にはそのような効果はありません。