フラッシュ式脱毛器は痛く無いの?
照射レベルが低い場合はほとんど痛みは感じませんが、レベルを高くした場合、ゴムで弾いた程度の刺激(痛み)を感じる場合があります。

フラッシュ式の脱毛器はそれほどでもありませんが、レーザー式の脱毛器は痛みが強いため、ある程度の刺激(痛み)は覚悟しておいた方が良いでしょう。

全く痛くない家庭を脱毛器はありません。もしそんな家庭用脱毛器があるとすれば、それはおそらく全く効果がない家庭用脱毛器かと思います(汗)。

なのである程度、痛いことは覚悟して購入してくださいね。

しかしながら脱毛器によって痛みの程度はまちまちですし、

肌の色や毛の色、太さ、照射する部位によっても感じ方が変わるので、一概には言えませんが、

傾向として、脱毛器を使い始めて最初のうちは、特に熱く感じやすい傾向があります。

 

理由は、フラッシュ式脱毛器(レーザー式も同じです)は、黒い色に反応して光エネルギーを熱エネルギーに変換する仕組みのため、

ムダ毛の多い最初のうちは熱を吸収する黒い部分が多いため、熱く感じるわけです。

 

また最初は慣れない理由から熱く感じることもあるでしょう。

しかしながら、脱毛が進みムダ毛の本数が少なくなるにしたがって、徐々に熱く感じにくくなってゆきます。

 

照射時の刺激(痛み)をなるべく緩和する方法は三つあります。

  1. 照射前にしっかり冷やす。

    照射前に照射する部位をしっかり冷やしておくとお肌の刺激(痛み)はほとんど感じることはありません。

    脱毛器を使う前日にでも保冷剤を凍らせて準備しておくと良いでしょう。

  2.  

  3. 徐々に照射レベルを上げる。

    ほとんどの脱毛器は照射レベルを選べるようになっているので、最初は弱いレベルから試してゆき、照射回数が増えるにしたがい『 慣れ』や『毛量の減少』により痛みはましになってゆきます

    慣れてくれば徐々に照射レベルを上げてゆき、肌の状態や痛み程度を観察しながら我慢できるギリギリのレベルで照射するのがより早く効率的に脱毛するコツです。

    人によって肌の弱い人や敏感肌の人など様々なので、どの照射レベルでスタートするのが良いかは一概には言えませんが、決していきなり最初から強いレベルで照射するような事をしてはいけません。

    最初は低いレベルから初めて、お肌の状態や刺激(痛み)の程度を見ながら、徐々にレベルを上げるようにすれば、毛量の減少に比例して痛みも少なくなりますし、痛みにも慣れてくると思います。

  4.  

  5. なるべく短時間照射の脱毛器を選ぶ。

    発光時間の短いフラッシュ式脱毛器だと、照射した光(熱)がお肌に広がる前に、メラニン(毛根)にのみダメージを与えることができる特性があるため、

    お肌への刺激(痛み)を最小限に抑えながら脱毛が可能です。

    極短時間発光が可能な脱毛器はこちら >>

  6.  

注意

※ 日焼けしたお肌や乾燥したお肌は特に痛みを感じやすいため、脱毛器を使用する期間中は日頃から日焼けをしないように気をつけ、お肌の保湿を心がけましょう。

※ 同じ部位に何度も照射するとお肌に負担がかかり過ぎるため、その部分がヒリヒリしたり赤くなってしまうことがあるので注意しましょう。