埋没毛や毛嚢炎(もうのうえん)があるのだけど。治す方法ありませんか?
カミソリや毛抜きでムダ毛処理をするのを止めることです。

カミソリや毛抜きでのムダ毛処理は毛穴や毛穴周辺のお肌にかなり負担をかけるムダ毛処理の方法です。

それらのムダ毛処理の方法が原因となり、埋没毛や毛嚢炎が発生します。

なのでそのような毛穴や毛穴周辺のお肌に負担がかかるようなムダ毛処理の方法を止めることが一番です。

フラッシュ式の家庭用脱毛器を使ったムダ毛処理の方法に変えることで、それらの症状は改善されるでしょう。

埋没毛の症状

埋没毛は埋もれ毛とも言い、皮膚の中に毛が埋もれたまま伸びていってしまう現象です。

毛穴の中で毛は成長して伸びているのに、肌の表面から毛が出てこれない状態です。

ちょうど毛穴の中で毛がとぐろを巻いているような状態で、外から見るとまるでその部分にアザができてるように、埋没毛のできている部分の肌は黒くなってしまいます。

 

埋没毛の原因

このような埋没毛になってしまう原因は、カミソリや毛抜きなどで毛穴や毛穴付近の肌に傷を付けてしまう事が原因です。

例えば、カミソリでムダ毛を処理した際に刃で肌を傷つけてしまったり、

毛抜きで無理やり毛を引き抜き、毛穴や毛穴付近の肌を傷つけた場合に、その部分が炎症を起こします。

 

すると肌は自然治癒により傷ついた部分を修復しようとします。

痛んだ肌を守るために肌は角質層の更新を遅らせ古い角質を溜め込むようにもなります。

そのため健康な肌よりも厚く硬い皮膚となってしまい毛穴まで塞いでしまうのです。

ちょうど傷ついた肌にカサブタができるような感じです。

新しく生えてきた毛はその厚く硬くなった肌(カサブタ)を破ることができず埋没毛になってしまいます。

これが埋没毛の原因となります。

カミソリや毛抜きなどの自己処理では、こうしたトラブルも多いので気をつけなければいけません。

 

埋没毛にになってしまった場合

すでに埋没毛になってしまった場合、

その部分をピンセットやカッターや針など先の尖ったものでほじくり出して、再度その毛を抜く方もおられますが、

そのような自己処理は毛穴や肌へさらなるダメージを与えてしまうことになります。

埋没毛は治るどころか、繰り返し再発し、その処理のために膨大な時間を費やし、さらに毛穴や肌にダメージを与える事になるでしょう。

やがてそれら自己処理をした肌は色素沈着になることもあります。

 

また、毛穴が開いて黒くボツボツしたチキン肌になることもあります。

そのような自己処理は悪循環となるだけで、何ら根本的な解決にはなりません。

しかし、もし症状が変わらないようであれば、皮膚科で診てもらう方がよいでしょう。

 

埋没毛を出す方法

埋没毛が発生した場合はそのような毛穴や肌にダメージを与える自己処理をやめましょう。

オススメの方法は、ボディスクラブとピーリングです。

 

1、まず、ボディスクラブを使う方法について、

角質を落とすタイプのスクラブを使います。

スクラブの細かい粒子を肌にこすり合わせて古い角質を取り除きます。

お風呂で埋没毛ができている部分スクラブで洗い、

その後、保湿をしっかりしておきます。

そうすると割と自然に毛が出てくる事があるようです。

ただしあまり頻繁に行うと逆に肌を弱くしてしまうため、週に2回程度にしておくのが良いそうです。

 

2、次に、ピーリングによる方法について、

スクラブが肌を研磨剤でこすり落とすのに対して、ピーリングは弱い酸で古い角質を溶かす方法となります。

ピーリング石鹸を使い試してみるのが良いでしょう。

これもスクラブ同様、頻繁に行うと肌を弱めてしまうため、週に2〜3回程度に留めておく方が良いでしょう。

 

埋没毛や毛嚢炎の予防方法

基本的にカミソリや毛抜きなどの、毛穴や毛穴付近の肌に負担をかけるようなムダ毛の自己処理を止める事です。

また日頃から肌の保湿を心がけ、睡眠不足、栄養不足、ストレス、血行不良等の健康管理にも注意しましょう。

それらは自然な肌のターンオーバー(新陳代謝)を妨げ、古い角質を溜め込み埋没毛の原因になります。

 

注意

埋没毛がある部位にフラッシュ式脱毛器の光を照射すると火傷(やけど)をする場合があります。

埋没毛は毛穴の中でトグロを巻いた状態になっているため、お肌の表面から見るとほくろのように黒い塊になって見えます。

フラッシュ式脱毛器は黒い色に反応して熱を発するため、そのような埋没毛にも反応してしまい火傷(やけど)をする可能性があります。

なので埋没毛がある部位への照射は控えるようにしましょう。

まずは上記に書いた方法で、埋没毛になっているお肌の改善を試みるようにしてください。