家庭用フラッシュ式(光)脱毛器を使用できない部位はありますか?

下記の部位には使用できません。

  • ホクロ、大きな雀斑、斑点、あざ、刺青等に色素沈着が濃い部分。
  • まつ毛、まゆ毛、こめかみ、まぶた、ひたい、目など。
  • iラインやoラインの粘膜部分。
  • 日焼け前、日焼け後の肌。
  • 炎症、傷、やけど、ニキビ、湿疹等皮膚トラブルのある部位。

上記のような部位に照射してしまうとトラブルの原因になりますので照射しないようにしてください。

これらの内容はそれぞれの家庭用脱毛器のマニュアルにも必ず書かれています。

脱毛器の使い方はマニュアルを読まなくても簡単に使えますが、上記のような部位に照射してしまうと、火傷をする等のトラブルの原因になりますので、使用前にはマニュアルをしっかり読んで理解した上で使うようにしましょう。