家庭用脱毛器で一番効果があるものはどれですか?
当サイトでご紹介している家庭用脱毛器の中で一番効果が期待できる脱毛器はケノンです。

当サイト以外にもネット上には家庭用脱毛器の指南サイトはたくさんあり、もしかしたらあなたもそれらのサイトをご覧になったことがあるかもしれませんね。

それらのサイトをご覧になってもわかると思いますが、どのサイトを見ても大抵一番効果がありおすすめの脱毛器は『ケノン』と書かれています。

中にはケノンだけを徹底的に紹介するサイトもあります。そこまでおすすめされる脱毛器は他にありません。

おすすめ理由は様々あるのですが、やはりそのものズバリですが『一番脱毛効果が期待できる脱毛器であるから』と言えるでしょう。

詳細についてはケノンのレビューをご覧いただけるとわかりますが、総合的に見てやはりケノが現在では最も効果ができる脱毛器なのです。

脱毛方式から選ぶならやっぱりフラッシュ式

家庭用脱毛器にはいくつかの脱毛方式があります。

詳細についてはこちらにも記載していますが、代表的なのはレーザー式、フラッシュ式、毛抜き式などですね。

これらの脱毛方式の中では、現在、最もおすすめできるのはやはりフラッシュ式なのですね。

単位面積あたりの脱毛力で比較した場合、「レーザー式の脱毛器の方が効果がある」、
と言う方もおられますが、実際のところレーザ式の脱毛器は照射面積が小さく非効率です。

フラッシュ式で一発で照射できる面積をレーザー式だと10発以上照射する必要があったりするわけです。

 

また照射面積が狭いとどうしても照射漏れや重ね打ちが出てくるため、効率的に脱毛処理をすることができません。

また照射漏れがあるとどうしても脱毛した箇所にムラができますし、逆に重ね打ちになってしまった場合、お肌にとって過剰に負担がかかってしまい良くありません。

 

フラッシュ式の脱毛器であれば広範囲を一気に照射できるため無駄なくスピィーディーに処理することが可能です。

照射パワーもケノンのようなランプを2本搭載した機種であればかなり高いと言えます。

なのでフラッシュ式はレーザー式の脱毛器と比べても、決して脱毛効果が引けを取るわけではありません。

 

フラッシュ式の脱毛器の中で最も効果があっておすすめの機種は、、、

ではそのフラッシュ式の脱毛器の中でどの脱毛器が最も効果があるのかと言えば、最初にも書きました通り、今現在であればケノンが一押しです。

続いてツーピーエスという感じですね。

フラッシュ式の脱毛器には『据え置き型』と『ハンディ型』の2種類がありますが、脱毛効果で比較した場合、断然ケノンやツーピーエスのような据え置き型の方が効果が高いと言えます。

 

照射パワーも照射口の面積(つまり効率面。照射口の面積が広いと一気に広範囲を処理できる)も据え置き型の脱毛器の方が優れています。

ハンディタイプの脱毛器の方がコンパクトで置き場所にも困らないという方もおられますが、脱毛効果で選ぶならケノンやツーピーエスのような据え置き型のフラッシュ式脱毛器が断然おすすめです。

 

脱毛器の不都合な事実

まず、最初に理解してく必要があるのは、どんなに効果があると言われている家庭用脱毛器を使ったとしても『一回や二回の脱毛処理で永久脱毛はできない』ということです。

これは家庭用脱毛器だけではなくエステサロンで行われている脱毛についても同じことが言えます。

エステも家庭用脱毛器も結局、家庭用と同じipl方式(フラッシュ式)の脱毛器を使っているので当然、その脱毛効果も同じということです。

 

一回や二回の脱毛処理で完全に毛が生えてこなくなる事は通常、絶対にありえません。

フラッシュ式の脱毛器(レーザー式も同じですが)は繰り返し使用する事により、徐々にその部位のムダ毛が薄くなってゆく感じです。毛の本数が少なくなる、毛が細くなる、毛周期が長くなるという感じです。

 

なので、脱毛処理を開始してからそこそこ目に見えてツルツル、スベスベのお肌にまでなるには、期間を置いて何度か脱毛器を使い続ける必要があるのですね。

 

ちなみに毎日使えばいいというわけではありません。

逆に毎日使ってしまうと、お肌の方に過剰に負担がかかってしまいお肌を痛める可能性が出てきます。

 

これはフラッシュ式の脱毛器であればどの機種についても同じですが、マニュアルでは照射前後に必ず保冷剤などで照射する部分のお肌を冷やしながら照射するように書かれてあります。

これはお肌への刺激を極力少なくするのが目的なのですね。

 

通常、フラッシュ式脱毛器の場合、一度照射した後、次に照射するまで2週間程度間隔を開けるようにマニュアルにも書かれています。

管理人は個人的に最低1週間、脱毛処理をする期間を開ければ大丈夫かと考えていますが、それでも1ヶ月でもせいぜい3〜4回しか同じ部位への脱毛処理はできない計算になります。

 

「ムダ毛がかなり減った。薄くなった」と感じられるのは、個人差や使用する部位によっても変わりますが、最低3ヶ月間はかかると言われています。

それでも3ヶ月で完全脱毛が完成すると言うわけではありません。

ムダ毛の数は減ったとしても、その程度の照射回数で永久脱毛、つまり一生毛が生えてこなくなるようなことはありません。

やはり継続して使い続ける必要があるわけですね。

 

脱毛器は単に効果が高ければいいというものではありません。ランニングコストも大切ですよ。

家庭用脱毛器の購入をご検討中の方は、まず何よりも「脱毛効果が高くて、なるべく値段の安い脱毛器がいい」と思うしょう。

しかしながら脱毛効果や本体の値段だけに目を奪われてはいけません。

ランニングコストにも注意する必要があります。

 

この点は見落としがちなので注意しなければいけません。

ランニングコストの高い脱毛器を購入してしまうと買ってから「エーッツ!そんなはずじゃなかったのに!!」と後悔するのがオチです。

 

フラッシュ式脱毛器のカートリッジ(フラッシュ光が光る部分)は所定の回数、照射すると交換する必要があります。

つまり永久に使えるものではないのですね。消耗品と言うことです。

 

このカートリッジが結構な値段がします。

カートリッジの値段はおよそ1個1万円弱もします。

もちろん機種によってカートリッジの値段は様々です。

またカートリッジ一個の照射可能回数は機種によって大きく違います。(この点は重要!)

 

とにかくフラッシュ式の脱毛器は本体を購入して終わり、と言うわけではありません。

定期的にカートリッジの交換費用がかかると言うことは覚えておきましょう。

 

より効果の高い脱毛器であれば脱毛効果を感じられるようになるまでの期間が短いのは当然でしょうし、カートリッジの交換も少なくて済むので、時間的にも金銭的にもおトクと言えます。

しかしそのような脱毛効果の高い脱毛器であっても、やはり完全脱毛と言えるまではかなり時間がかかり、継続的に使い続ける必要があるのです。

 

当サイトのおすすめランキングの根拠はこのランニングコストについても重要視し、評価項目の一つとして大きくランキング順位に反映させています。

最も脱毛効果があって、ランニングコストの安い脱毛器はこちら >>