家庭用脱毛器で産毛(うぶげ)の脱毛は可能ですか?鼻の下の産毛(うぶげ)が気になって仕方がないのですが、、、。まるでヒゲみたいで。
不可能ではありません。ですが家庭用脱毛器で脱毛するのに適しているのは産毛のような細くて薄い色の毛よりも太くて濃い色の毛です。

理由はフラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器は、黒い色(メラニン色素)に反応する光を照射して毛根にダメージを与え脱毛を促す仕組みなので、産毛のような細くて薄い色の毛は脱毛器の光に反応しにくいのです。

なのでフラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器で産毛の脱毛はできなくないですが、あまり『向いていない』と言えるでしょう。

しかしながら産毛によってはほとんど効果が期待できない場合もあります。

そもそもどのような毛を『産毛(うぶげ)』と呼ぶか?

そもそも人間の身体のお肌の至る所には、毛質に違いはあれども毛が生えています。

部位によって濃かったり薄かったり、毛周期が長かったり短かったりすることはありますが、全身のあちこちに様々な毛質の毛が生えている言えるでしょう。

例えば頭髪や脇毛、すね毛のように黒々と生えていて、毛根もはっきり黒い点として目で見て確認できるような毛もあれば、

逆にお肌の表面に薄っすらと生えているだけで目を凝らしてようやく見えるような毛もあります。

一般的にはそういう毛のことを産毛(うぶげ)と呼ぶのかと思います。

 

家庭用脱毛器が効果が期待できる産毛(うぶげ)、できない産毛(うぶげ)

普段は産毛(うぶげ)と言われる、そのような薄っすらと生えている毛を気にすることは無いと思います。

しかし例えば顔に生えている産毛の場合なんかだと、
何かのキッカケ鏡に映ったそれらの産毛を発見してしまうと、気になって仕方がなくなることもあるでしょう。

 

例えば、お口の上に生えた薄っすらとした産毛、、、

「ムムム、、、これはまるでヒゲじゃ無いか!」

 

女性の口の上にヒゲって、通常あり得ない、あってはいけないことですもんね。

「脇毛やすね毛を伸ばした女性はたまにはいるでしょうけど、ヒゲはちょっとあり得ない、、、。」

しかし理屈ではあり得ないのですが、実際、鼻の下にうっすらと産毛(うぶげ)を生やした女性っておられます。

というのは女性であっても男性ホルモンの影響で鼻の下にヒゲのような産毛(うぶげ)が生えることはあるそうです。

 

もしか自分の鼻の下にもそんなヒゲのような産毛(うぶげ)がうっすらとでも生えている事に気がついたら、、、。

あなたはもう気になって、居ても立ってもいられないでしょう。汗

 

しかしご安心ください。

それだけヒゲのように見える産毛であれば家庭用脱毛器は十分効果を期待できます。

産毛の脱毛が難しいというのはあくまで2cm〜5cmぐらいの至近距離で見て、ようやく見えるか見えないかのような極細、極薄色の毛なのですね。

 

そのような毛は細いだけでなく色素も薄いためフラッシュ式の家庭用脱毛器の光にはほとんど反応しないでしょう。

結果、そのような極細、極薄色の産毛を脱毛するのは難しいのです。

ちなみに脱毛を専門とするエステサロンでもそのような極細、極薄色の産毛を脱毛するのは難しい言われています。

 

なのであなたがもしか口周りのヒゲのような毛(パッと見てわかる程度の産毛)を処理したいとお考えなのであれば家庭用脱毛器を試す価値は十分あると思いますよ。

 

黒い毛だからこそ効果が期待できるフラッシュ式脱毛器

ちなみにフラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器は白髪や金髪には全く効果が期待できません。

理由は前述しましたように、家庭用脱毛器が効果を発揮するのは、あくまで黒い色(メラニン色素)があってこそなのです。

なのでもしかあなたの脱毛したい部位の毛が『白髪』や『金髪』であるならば、例えばどんなに剛毛であっても、家庭用脱毛器はもちろんサロンやクリニックの業務用の脱毛器でも脱毛効果は期待できません。

あくまで黒髪オンリーということです。

ほんと黒髪の日本人に生まれてきて良かったですね!