家庭用脱毛器のipl方式って何ですか?ipl方式脱毛器にはどんなものがありますか?
ipl方式の『ipl』とはインテンスパルスライト(Intense pulse light)の略称で、『強く(Intense)瞬間的に発する(pulse)(light)』と言う意味です。

このipl方式はフラッシュ式脱毛器で使用されており、黒い色(メラニン色素)に吸収される光を瞬間的に発して脱毛をします。

瞬間的に強い光を発するだけなので、お肌にそれほど負担がなく毛根にだけダメージを与えて脱毛することが可能です。

 

光を使った脱毛方式にはipl方式(フラッシュ式)の他にレーザー方式の脱毛器もありますが、ipl方式(フラッシュ式)はレーザーとは異なり、キセノンランプを使った、広範囲の波長の光を照射することで、脱毛だけでなく、肌のくすみや薄いシミ、張りを改善する美肌効果も期待できます。

現在、市販されている家庭用脱毛器ではこのipl方式のフラッシュ式脱毛器が最も人気があり、様々な脱毛器で採用されています。

このipl方式の脱毛器は家庭用の製品だけでなく、エステや脱毛サロンでも同様の方式の脱毛器が使用されています。

もしかしてあなたは「同じipl方式の脱毛器でも家庭用だからエステで使われている脱毛器よりも脱毛効果は落ちるのじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、実際のところはそういうわけではありません。

家庭用のフラッシュ式脱毛器よりもサロンの方が効果があるように思うけど違いますか? >>

上記リンク先にも記載していますが、エステや脱毛サロンの場合、医師免許を持った医師が施術しているわけではないため医療行為ができません。

なのでエステで脱毛の施術を受けるお客さんの中でも、最もお肌が弱い方に合わせて照射パワーの上限値が決められています。

『それぐらいの照射パワーならばヤケドなどのトラブルが発生する危険性はないだろう』

という最低限の照射レベルが法律で規定されているのです。

要するに事なかれ主義の国のお役人がそういうルールを取り決めたワケです。

 

なのでエステや脱毛サロンで使われているフラッシュ式(ipl)脱毛器の脱毛効果は『それほど高く無い』ということが言えると思います。

 

それに対して家庭用脱毛器であれば、個人が自由にレベルを調整して脱毛できるので、サロンで脱毛するよりも効果が期待できる、というワケです。

 

少し話がそれましたが、

 

要するにipl方式(フラッシュ式)の脱毛は家庭用の脱毛器だけでなく業務用の脱毛器でも利用されている、ということです。

 

そしてその用途は脱毛だけでなくフォトフェイシャル(美肌)として利用されているのです。

なので使い続けることによりお肌のキメ細かさが整い、ハリや潤い、透明感、またシミ、ソバカスの軽減にも効果が期待できると言われています。

これがipl方式(フラッシュ式)の脱毛器が人気の理由です。

 

ipl方式(フラッシュ式)の家庭用脱毛器でもっともおすすめは?

Ipl方式(フラッシュ式)の家庭用脱毛器には様々な種類のものがあります。

中でも当サイトでも取り上げているおすすめのipl方式(フラッシュ式)の脱毛器は下記になります。

ケノンツーピーエス

その中でもダントツにオススメはケノンです。

詳細はこちら(ケノンポイント解説) >>

 

同じipl脱毛器でもここが違う!

同じipl脱毛器であっても機種によって脱毛能力やコスパ、使い勝手は全く違います。

最も簡単なipl方式(フラッシュ式)の脱毛器の良し悪しの見分け方は、使われているランプの本数を見ることです。

脱毛器によってランプが1本のものと2本のものがあるのです。

 

単純に比較した場合、ランプが2本のものは1本のものより脱毛力は2倍と言えます。

当然、個々のメーカーにより脱毛器に搭載されているランプの能力は違うため、一概に2倍とはいえませんが、あくまでおおよそ、目安としてです。

 

なので家庭用のipl方式(フラッシュ式)の脱毛器を購入する際は最低でも搭載されているランプの本数を確認してください。

 

脱毛器の外観を見ただけではわかりませんが、その脱毛器の照射部分(ランプが付いている部分)を覗いて見てください。

そうするとランプ本数を確認する事ができます。

※ ちなみにネットで購入する場合は脱毛器本体を手にとって覗き見ることはできませんね。しかし当サイトの各脱毛器レビューではその脱毛器に使われているランプの本数を明記していますので参考にしてください。

 

またipl方式(フラッシュ式)の脱毛器にはキセノンランプが使われているのですが、このランプの能力もメーカーによって大きな違いあります。

脱毛効果つまりランプの発光パワーはもちろんですが、照射可能なショット数が大きく違うのです。

 

ipl方式(フラッシュ式)の脱毛器は搭載されているキセノンランプを発光させて、その強い光で毛根にダメージを与える仕組みです。

もちろん照射するのは1回では済みません。

期間を置いて何度も照射する必要がありますし、一つの部位だけでなく複数の部位を脱毛するとなるとそれだけ照射回数は増えます。

 

しかしランプ自体に寿命があるため、所定の照射可能回数を打ち終えた後はランプを交換する必要があるのです。

そのランプの寿命に大きな違いがあるのです。

例えばエピナードという脱毛器であれば一個のカートリッジ(ランプが搭載された照射部分)で1500発程度のしか使用できません。

しかしケノンであれば、最大(プレミアムカートリッジの場合)100万発の照射が可能なのです。

 

先にも書きましたように、カートリッジは消耗品で所定の回数を照射し終われば交換する必要があるのですが、ケノンのカートリッジであれば正直、交換の必要が無く一生使い続けることもできるのではないか、、、とまで言われています。

 

家庭用脱毛器のカートリッジは意外と高く1個1万円弱ぐらいはします。

照射可能回数が少ない脱毛器であれば頻繁にカートリッジの交換が必要となり、ランニングコストで考えるとかなり割高になってしまうわけです。

なのでipl方式(フラッシュ式)の家庭用脱毛器を買う場合は、初期費用(本体価格)だけでなくランニングコストも考えて選ぶ必要があるわけですね。

 

数多くあるipl方式(フラッシュ式)の家庭用脱毛器の中から自分で選ぶのは大変だな、、、とお悩みのあなたへ。

ipl方式(フラッシュ式)の脱毛器を購入する前に、個々の脱毛器の詳細スペックを比較して自分にとってもっともベストな脱毛器を選ぶのが一番ですが、かなり面倒であることは間違いありません。

なんせパット見ただけでは、その脱毛器の脱毛力やコスパなどの本質的な価値はわかりませんからね。

 

そこで当サイトがあなたに変わって各脱毛器を徹底的に比較してランキング形式でご紹介しています。

ランキングの順位は管理人の独断と偏見と言われればそれまでですが、当サイトで掲載している各脱毛器の詳細レビューをあなた自身の目で確認していただければ納得いただけると思いますよ。

家庭用脱毛器のおすすめランキング >>