家庭用脱毛器を使えばムダ毛は薄くなるの?
脱毛効果のある家庭用脱毛器を正しく使えばムダ毛は『薄くなる』と言えます。

しかしあなたが心配する気持ちはよくわかります。

家庭用脱毛器は決して安い買い物ではありません。
たとえ安い機種であっても3万円、高いものだと10万円近くするものもありますからね。

なので、それだけのお金を払って購入して「全く効果がなかった」、「ムダ毛が薄くならなかった」なんてことになったら相当ショックですよね。汗

しかしご安心ください。
ここに書いてある事をしっかり守れば、家庭用脱毛器を使ってムダ毛が薄くなることは十分現実的です。

さて、最初にはっきりさせておかないといけないことは、
もしかあなたが、家庭用脱毛器で『完全脱毛』をしようとしているのなら、それは無理かもしれません

しかし単にムダ毛を『薄くしたい』というのであればそれは十分可能と言えます。

本当に効果のあるフラッシュ式やレーザー式の脱毛器であれば、使用して数ヶ月で『以前よりもムダ毛が薄くなった』と思える状態なる事は十分に可能です。

しかしそれらの脱毛器を使ったとしても、マニュアルに書いてある事を守らず、自分勝手な使い方をしていたら、ムダ毛は薄くなるどころか、『全く効果が感じられない』、また逆に『お肌を痛めてしまう』というような場合もあるでしょう。

正直なところ、フラッシュ式やレーザー式の脱毛器であっても購入者の全員が「ムダ毛が薄くなった」「効果があった」と感じるわけでは無い事も事実です。

それは家庭用脱毛器の購入者レビューを見るとよくわかります。

例えば、フラッシュ式脱毛器で爆発的売れているケノンでさえ、その口コミを見ると様々なものがあります。

「ツルツルになった」
「薄くなった」
「ムダ毛が細くなった」

という肯定的な口コミもあれば、

中には少数派ではありますが「全く効果が無かった」という否定的な口コミがあるのも事実です。

その違いは何かと言えば、、、

やはり、その家庭用脱毛器の使い方次第なのです。

もちろん利用者の毛質やお肌の違いにより脱毛効果を感じにくい場合もあるでしょう。

しかし一番の原因はその利用者の使い方に大きな問題がある、と管理人は考えます。

通常、フラッシュ式の脱毛器で、なおかつ脱毛力の高い、例えばケノンのような脱毛器であれば、正しく使いさえすれば完全脱毛は難しいとしても、ムダ毛を薄くする程度は十分可能と言えます。

 

家庭用脱毛器を使ってムダ毛が薄くなる人、ならない人。3つのチェックポイント!

レーザー式やフラッシュ式の脱毛器を使う場合、これらのチェックポイントを押さえておかないとムダ毛を薄くすることは難しいでしょう。ムダ毛を薄くするための3つのチェックポイントをご紹介!

【 その1 】照射前後にクーリングパックなどで照射部を冷却していますか?

これはレザー式やフラッシュ式の脱毛器であればどの機種のマニアルにも記載している事ですが、照射する前後に必ず照射する部位をクーリングバックなどを使って冷却するようにしてください。

これをしないと、お肌に痛みや暑さを感じてしまうため、どうしても適正な照射レベルより、低めの設定で照射するようになると思います。

そうすると当然、脱毛効果も落ちてしまいます。

また冷やさないで照射するとお肌にも負担がかかり過ぎてしまう可能性もあります。

『照射前後にきっちり照射部を冷却した上で、自分が我慢できるもっとも強いレベルで照射する』

これを心がけると、早い段階で脱毛効果を感じられるようになると思います。

 

【 その2 】前日にムダ毛を剃っていますか?

レーザー式やフラッシュ式の脱毛器を使う場合、脱毛する前日の夜などに、照射する部位のムダ毛をカミソリ等で剃っておく必要があります。

これについてもマニアルに必ず記載されている事ですが、事前に剃らずにムダ毛が長いまま脱毛器を使ってしまうと、長いムダ毛全体に照射した光のエネルギーが分散してしまうため、脱毛効果が落ちてしまうのです。

前日にムダ毛を短く剃っておけば、脱毛する当日は毛穴部分に少しだけ黒い毛先だけが見えている状態になっていると思います。

その状態であればレーザー式やフラッシュ式の脱毛器で照射された光は、毛先の部分に集中的に光エネルギーを集めることができるため、高い脱毛効果を得ることができるのです。

確かに前日にムダ毛の処理をするのはめんどくさいし忘れることもあるかもしれませんが、ここは面倒くさがらずに必ず前日にムダ毛の処理しておきましょう。

 

【 その3 】2週間を目処に定期的に脱毛処理をしていますか?

レーザー式やフラッシュ式脱毛器を使って同じ部位に照射する場合、およそ2週間期間を開けて、繰り返し使用することを推奨しています。

それより期間が短いとお肌に負担がかかり過ぎる危険性がありますし、長過ぎると脱毛効果を感じにくくなります。

しかし人は忘れる生き物なので、2週間前に照射したことを忘れてしまう人も多いと思います。

どの部分をいつ照射したのか、いつ脱毛したのか、というのを忘れないようにするには、何かに記録しておくしかないでしょう。

例えばカレンダーやメモ帳に脱毛した日や、これから脱毛する予定を記録しておくのもいいでしょう。

また今ならスマホでスケジュール管理も簡単にできるでしょうね。

例えば脱毛処理をした後に、2週間後にアラートが鳴るようにスマホを設定しておけばいいですよね。

やはり人は1週間も2週間も前のことをいちいち覚えておくことができないと思います。

というか、よっぽど印象に残ったことでもない限り、2週間前のことなんてすっかり忘れてしまうのが普通ではないでしょうか?(少なくとも私の場合はそうです、、、汗)

忘れてしまうと、3週間、1ヵ月と月日が流れてしまい、「あぁそうだったな脱毛するの忘れてたな」ということになるでしょうね。

つまり決められた2週間という周期よりも長い期間放置してしまうため、当然それだけ脱毛効果を感じにくくなるでしょう。

レーザー式やフラッシュ式の脱毛器であっても、1回や2回の脱毛でムダ毛が薄くなることがありません。

数ヶ月間、繰り返し脱毛処理をするうちに、徐々にムダ毛が薄くなり、脱毛効果を感じられるようになるものです。

なので2週間を目処に定期的な脱毛処理を忘れずに行うようにしてくださいね。