家庭用脱毛器を使用する前になぜムダ毛を短く剃っておく必要があるの?剃らずに照射したらダメですか?
フラッシュ式やレーザー式の脱毛器を使う場合、脱毛処理をする前日に必ず脱毛する部位のムダ毛をカミソリやシェーバーで剃っておく必要があります。

毛が伸びたまま照射すると、伸びている毛のほうに光エネルギーが分散してしまい、毛根まで光エネルギーが届きにくくなり脱毛効率が落ちるからです。

しかし深剃りをするのは逆効果となります。

フラッシュ式やレーザー式脱毛器は毛根の黒い色素(メラニン色素)に吸収される光を照射して脱毛する方式であるため、深剃りをしてしまうと毛の黒い色素がお肌の表面に目立たなくなるため脱毛効果が落ちるのです。

なので当然、脱毛前にワックスやピンセットで脱毛するのは全く意味がありません。

体毛を完全に抜いた状態で照射するのは、逆に脱毛効率が悪く、お肌にダメージを与える可能性もあります。

なので処理する前のムダ毛は『長すぎてもダメ、短すぎてもダメ』ということです(汗)。

脱毛処理をする際の理想的な状態は『ムダ毛の断面が見えるくらい』が最もベストです。

 

中には面倒臭がって、事前に毛を剃らずにいきなり照射する方もおられるようです。

それでも照射パワーで毛は焼け焦げて無くなるのですが、焼け焦げた毛が肌につくと痛みや火傷をする場合もあります。

また、焼け焦げた毛が照射面にこびりついて黒く汚れてしまい、発光力が落ちる場合もあります。

 

そのような場合はアルコールを含ませた脱脂綿などで照射面のガラスをクリーニングすればいいのですが、やはり最初に書きましたように、照射した光エネルギーが長い毛の方に拡散してしまい脱毛効率が落ちるためやめた方がいいでしょう。

まとめ

  • 毛が長いまま照射すると脱毛効率が落ちます。
  • ムダ毛の断面が見えるくらいに剃っておくのが最も効果効率的です。
  • 深ぞりや体毛を完全に抜いた状態はNGです。