家庭用脱毛器を使用する前になぜ日焼けをしてはいけないの?日焼けすると脱毛できない?日焼けして肌がヒリヒリしてる時、使っても大丈夫?
日焼けしている肌にフラッシュ式やレーザー式の脱毛器は使えません。

理由は

  • 肌の黒い色の方に光エネルギーが吸収され通常より痛みを感じる。
  • 肌の黒い色にレーザーの光エネルギーが分散してしまい、毛根にダメージを与えにくくなる。

つまり痛い上に効果がないと言うことです。

日焼け後はもちろん、ホクロやアザへの照射もNGです。

またケミカルピーリング後など肌が健康でない状態の時は使用しないでください。

 

ホクロや小さなアザであれば絆創膏などを小さく切って貼ったり、ファンデーションで周りの肌の色に近づけるなどしておけば照射可能です。

しかし広範囲に日焼けした部位への照射はしてはいけません。

 

本来、毛根(メラニン色素)に吸収されるべき光エネルギーが、日焼けした肌(メラニン色素)に吸収されてしまいお肌を火傷する恐れもあります。

クリニックやエステサロンでも照射前の日焼けは厳禁です。もちろん日焼けした肌への施術は拒否されます。

すでに日焼けしてしまっている人は日焼けが元に戻るまで待つか、日焼けしていない部位から始めるのが良いでしょう。