火傷(やけど)したりしませんか?
火傷(やけど)をする可能性はあります。

もしもマニュアルに書かれている内容を守らずに自分勝手な使い方をした場合、火傷(やけど)をする可能性は十分にあります。

家庭用脱毛器といえどもかなりパワーの強いものがあります。

なので使用前にしっかりマニュアルを読み、初めて照射する場合は、低いレベルから試すようにしてください。

下記の記事ではフラッシュ式脱毛器を使う際の、痛みの緩和方法について記載していますので参考にしてください。

(参考記事)
フラッシュ式脱毛器は痛く無いの?

下記のような場合であれば、マニュアルをしっかり読んでいても火傷(やけど)してしまうこともありえます。

注意しましょう。

家庭用脱毛器で火傷(やけど)してしまう意外な3つの落とし穴。

  1. 埋没毛があるのに気がつかずに照射してしまった場合。

    埋没毛があると毛穴に毛がとぐろを巻いて黒くなっているため、そこにフラッシュ光を照射すると過剰に熱を吸収して火傷(やけど)をする恐れがあります。

  2.  

  3. ホクロやアザや日焼けしていることに気がつかずに照射してしまった場合。

    原因は先に書いたものと同じです。フラッシュ式脱毛器は黒い色に反応して光を熱に変換するため、色素沈着の濃い部分などに照射すると火傷(やけど)する恐れがあります。

  4.  

  5. 生理前や生理中に脱毛処理した場合。

    生理前や生理中肌が敏感になります。そのため通常では問題ない照射でも、この時期に行うことで肌が過敏に反応して火傷(やけど)になることがあります。なのでそのような時期に脱毛処理する場合は普段よりも低めの照射レベルで行うようにしましょう。

  6.