脚とか、範囲が広い部位を照射していると、どこまで照射したか分からなくなってしまうのですが。照射漏れや重ね射ちにならない方法はありませんか?
黄色い蛍光ペンを使ってマーキングするといいでしょう。

確かに脚などの範囲の広い部位だと、適当に照射していると、照射漏れや重ね射ちが出てきます。

それを避けようと思えば、こういう方法しかないでしょう。

黄色い蛍光ペンを使って、脱毛器の照射口の大きさでブロック分けする感じで縦横に線を引いておき、そのブロックに合わせて順番に照射してゆきます。

照射漏れをしてしまうと、脱毛処理できなかったムダ毛がまばらに残りますし、重ね射ちになった場合は、重ねて照射したお肌に負担がかかってしまい、お肌にはよくありません。

なのでこのような照射漏れや重ね射ちはなるべく避ける方が良いです。

ペンで肌にマーキングする方法は、実際にサロンやクリニックでも行われているので、多少面倒ですが、これだときっちり照射してゆくことは可能だと思います。

黄色い蛍光ペンであれば脱毛器の光に反応しないため、必ず黄色い蛍光ペンを使用してください。

※ ペンのインクで肌が無いか注意してください。