脱毛器が故障?こんなときどうする?
基本的に当サイトでご紹介している家庭用脱毛器にはメーカー1年保証がついています。(一部、2年保証の製品やオプションで延長保証が付けられる製品もあります。)

万が一、故障(あくまで自然故障)した場合、保証期間内であれば無償で修理・交換してもらえます。

また、各脱毛器には専用のお客様サポートが設けられていますので、わからないことがあれば電話やメールで相談できるので安心です。

故障かも?と思った時のチェックポイント

  1. ディスプレイが表示されない場合
    • 電源プラグがちゃんと刺さっていますか?
      → しっかりとコンセントに挿してみましょう。
    • メインスイッチが入っていますか?
      → スイッチを入れても解決しない場合は、相談窓口に問い合わせしましょう。
    • 電源プラグや本体が損傷していませんか?
      → 電源プラグや本体が損傷している場合は、相談窓口に問い合わせしましょう。
  2. 照射できない場合
    • カーチリッジが熱くなっていませんか?
      → 温度が下がるまでしばらく待ちましょう。

※ フラッシュ式の家庭用脱毛器は連続使用した際に、カートリッジが熱くなりすぎると自動的に検知して停止するものや、一定時間使用すると強制的に機器を停止させるものがあります。
なので機器が停止して照射できなくなった場合は、しばらく電源を切っておいて、本体やカートリッジが冷えてから、再度電源を入れてみてください。