ここでは読者の方から寄せられた、むだ毛や脱毛にまつわる失敗談や恥ずかしい体験談をご紹介しています。

もしかしたら、あなたも思わず共感してしまうのでは・・・笑。

投稿者:まめこ(女性)
気楽な女友達との会話では、度々むだ毛処理の会話になります。みんなあけっぴろげですので、わき毛をどうやって剃っているか、抜いているかの話しで大いに盛り上がります。
 

けれどもやっぱり、「乳首の周りに生えている毛(パイ毛)」と「肛門周りに生えている毛(ケツ毛)」については、自分からは切り出せないですね。

むだ毛に関する話題のなかでも、ものすごく聞いていみたい部分ではあるのですが。
 

そもそも自分が他人と比べて、濃いのかどうかもわかりません。

友達にはパイ毛が生えていないかも知れませんし。ケツ毛は多分みんな生えているとは思うのですが、みんなが抜いているのかどうかはわかりません。

私は自分にケツ毛が生えていると気付いた中学生より、ケツ毛を抜き続けているのですが、みんなは生やしっぱなしなのでしょうか。それとも、脱毛サロンなどで処理しているのでしょうか。
 

けれども私のケツ毛の処理方法は、主に湯船のなかでM字開脚で抜き続けるというものですが(この姿勢がもっとも抜きやすいと学生の頃に悟りました)、みんなはどうしているのか、ぜひ聞いてみたいのですよね。

けれどどのように言い出せばいいのかわからずそのままです。

 

(管理人より返信)

まめこさん、

確かにデリケートゾーンの脱毛って気になる部分ですよね。
でも、女同士とはいえ、なかなか話題にしにくいのも分かります~
「ちょっと、お尻の毛、見せて~」なんて言えませんもんね。笑

デリケート部分はお肌が敏感なところもあります。
脱毛の自己処理には注意が必要ですね。

カミソリで切れてしまっても大変。毛抜きでお肌を傷つけても大変。
そんなときは家庭用脱毛器が安心かもしれませんよ。

家庭用脱毛器では刃物やとがったものを使わなず、「光」で脱毛しますからね。